成長期と骨端線

成長期と骨端線のページを説明

身長を伸ばす最先端技術
新着記事一覧

成長期と骨端線

成長期とは、体がまだ未熟でちゃんと形成されていない時期に、成長を続ける状態の事です。

一般的に成長期は、思春期を迎えた後の3〜4年間をいいます。

医学的には、骨に骨端線が残っている時期までが成長期です。

骨端線が、成長ホルモンによって形成を続けその結果身長も伸びるのです。

この期間の体は未熟な状態でどんどん成長し、体も大きくなっていきます。

男子で中学生〜高校生、女子で小学校高学年〜中学生ごろが多いようです。

身長が急激に伸び、思春期を迎えた後の時期の3〜4年で男子は20〜32p、女子は12〜25p身長が伸びます。

通常は男性で17歳〜18歳くらい、女性で15〜16歳ぐらいまです。

ただ、思春期を迎えるのが遅い人は、男性で25歳、女性で22歳ごろまで骨端線が残っていて、身長が伸びる場合もあります。


身長 伸ばす 正しい方法の成長期と骨端線のリンクについて

身長 伸ばす 正しい方法の成長期と骨端線のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。